Flutter Android Studioでコード補完機能が効かなくなったときの対処法

Flutter

Android StudioでFlutterのコードを書いていると、

 

あれ?コード補完機能(※)が動作しないぞ?

 

ということが時々あります。

※「setState」、「TextField」などの単語を途中まで書くと、候補を表示してくれ、選択すると残りの文字を自動で書いてくれる機能です。

 

ググっても対処法が見つからず、これまではAndroid Studioを再起動して対応してきたのですが、手探りの結果、もっと簡単な方法が分かったので共有します。

結論は、

「Dart Analysis」タブの「Restart Dart Analysis Server」を実行する

です。

 

以下に、実際に発生した事例をもとにご紹介します。

 


40代からプログラミング(Flutter)を始めて、GooglePlayAppStoreに初アプリを公開したhalzo appdevです。

 

作成したアプリはこちら↓

シンプルメモ帳「BasicMemo」 – 文字数カウント、ワンタッチ入力、タグ管理等の便利機能を搭載

Google Play で手に入れよう
Download on the App Store

 

スポンサーリンク

いつも出るはずのコード補完の選択肢が表示されない。。

非同期処理の宣言型である「Future」を途中まで打ち込んだとき、いつも表示されるコード補完が機能せず、選択肢が表示されませんでした。

 

そのひとつ上のブロックで、「Future」は普通にコード補完で入力できていたにもかかわらず、、、です。

 

しかも厄介なことに、手打ちで「Future」と最後まで入力したのに、下図のように、

そんな型はない

とエラー表示されてしまいました。

「Future」は特にライブラリ(パッケージ)のインポート不要で使える型宣言なので、本来、エラーになるはずはありません。。

 

また、ひとつ上のブロックで、元々問題なく入力されていた「Future」にも、エラーが出てしまいました。

  

どうやらAndroid Studio側のコード認識がバグってしまっているようです。

 

「Restart Dart Analysis Server」を実行してみた

この現象はよく起こるので、いつもAndroid Studioを再起動していたのですが、ふと思い付いて「Dart Analysis」の左上にある赤いグルグルマーク(Restart Dart Analysis Server)を起動してみました。

 

すると、無事、コード補完機能が復活しました!

ちなみに、上のブロックの「Future」に出ていたエラーも無事、消えてくれました。

 

F4キーが効かなくなったときも「Restart Dart Analysis Server」で対処できる。

以前、以下の記事で、F4キーの機能(※)が効かなくなったときの対処法を「Android Studioを再起動する」と書いたのですが、その後、この問題も「Restart Dart Analysis Server」で対処できることが分かりました。

※クラス名やメソッド名の上でF4キーを押すと、それが定義されている大元のコードを確認できる機能です。

 

Android Studioを立ち上げると、最初はクラスやメソッドが色分けされないのですが、しばらくすると、画面下に「Analyzing…」の文字が出て、それと同時に色分けされる事に気づきました。

いつもAndroid Studioを立ち上げて、しばらくするとこの表示が出る。。

 

この「Analyzing…」の表示は、「Restart Dart Analysis Server」のボタンを押すと出てくる表示と同じなので、もしかしてF4キーの問題もこれで解決するのでは、と思ってやったらできました。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました