Flutter: Google Play Consoleに、QUERY_ALL_PACKAGES 権限の申告に関する連絡あり

2022/3/21 Flutter エラー・バグ日記 

Google Play Consoleの受信トレイに、2022/3/15付で「今後の QUERY_ALL_PACKAGES 権限の申告に関する詳細情報」というメールが届いていた。

 

「AndroidManifest.xml」に、「QUERY_ALL_PACKAGES」の権限許可を宣言していると、2022年4月5日以降に、申告手続きが必要になるらしい(詳細はこちら)。

 

本記事はライトな日記思考で書いているので、詳細説明はしておらず、基本、テキストのみで画像とかは載せておりません。。m(_ _)m

解説記事ではないため、解決していない内容や、その時々の間違った解釈を述べてしまっている可能性が大いにありますので、何卒、ご了承ください。

 

アプリの「AndroidManifest.xml」を確認すると、確かに下記を記述していた。

 

<uses-permission android:name="android.permission.QUERY_ALL_PACKAGES"/>

 

以前から、こちらの情報などを見て、ゆくゆく「QUERY_ALL_PACKAGES」権限は使えなくなる、と思っていたので、使っていないつもりだったが。。

 

恐らく「url_launcher」パッケージを入れた時に設定し、その後、削除を忘れていたと思われる。

 

「QUERY_ALL_PACKAGES」を宣言したままだと、下記対応が必要になるとのこと。

 

  • この権限の使用を必要とするアプリの重要な機能の説明
  • この権限を必要とするアプリの重要な機能を示す短い動画

 

動画を作るとなると、、、別件ではあるが、過去、Google APIのOAuth検証の申請時に、かなり苦労した記憶があるので、できれば避けたい。

 

「url_launcher」パッケージは、下記宣言をすることで、引き続き利用が可能(電話、SMS発信、メール送信は行わないため、httpsのみ記載)。

 

    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET"/>

    <queries>
        <intent>
            <action android:name="android.intent.action.VIEW" />
            <data android:scheme="https" />
        </intent>
    </queries>

 

そのため、早速「AndroidManifest.xml」を書き直して、Google Playに更新リリースした。

 

これで4月5日以降の対応は不要になるはず。。

 

Google Play Consoleの受信トレイは、スルーせず小まめにチェックが必要、と改めて認識。

 

\ Flutterの学習で役立ったコンテンツ・書籍 /

 

 

 


Dart入門 – Dartの要点をつかむためのクイックツアー
タイトルとURLをコピーしました