暗記用マーカー – シンプル穴埋め問題作成 のご紹介

\ ダウンロードはこちら /

Download on the App Store
Google Play で手に入れよう

 

このたびは、「暗記用マーカー」にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

 

プリントや教材をカメラで撮影し、暗記したい部分をマーカーで隠して、穴埋め問題を作れるアプリです。

 

学校のテスト資格試験の暗記学習にお使いいただけます。書き込みが不要で、資料を汚すことなく暗記問題が作れるので、便利です。

 

自分自身、「プリントに書き込まずに、スマホで穴埋め問題を作りたい」と思い、色々なアプリを試したのですが、機能が充実している分、使い方が難しく、、簡単に問題作成できるアプリが見つからなかったので、自分で開発しました。

 

とにかく、

 

①撮って→②隠して(マーカーを置いて)→③覚える!(マーカーを開閉する)

 

というシンプルな機能に絞ったので、採点機能や細かい設定機能はありませんが、その分、操作が非常に簡単です。

 

完全無料で利用いただけ、スマホ内に保存済の画像やPDFファイルも取り込めるほか、1画像につき、マーカーを最大100個まで配置できます。

 

機能概要

その他の特長は以下のとおりです。

  • 共有機能があり、作成した問題を圧縮ファイルにして、他の方に送ることができます。また、他の方から共有された問題を取り込むこともできます。
  • 撮影した画像を、端末のギャラリーフォルダ内に保存することができます。
  • マーカーはタップで開閉でき、直感的に操作できる仕様になっています。
  • 作成モードと演習モードの2つがあり、演習モード中はマーカーを編集できないようになっているため、誤って移動・削除してしまう恐れがありません。
  • ピンチイン・ピンチアウトで画像を拡大・縮小できます。画像の文字が小さいときに、隠す範囲を正確に設定したいときに便利です。
  • マーカーを自由に回転できるため斜めの文字や図形も隠すことができます。また、写真が多少傾いて撮影されても、気にせず隠せます。
  • マーカーのサイズ変更・回転は、画面下部のボタンで行うようになっているため、微妙な調整が簡単にできます。
  • マーカーを長押しすると、マーカーの色を変更できます。一度正解した問題や、復習したい問題など、事情に応じて区別することができます。
  • 各問題にタイトルをつけることができます。文字数制限はないため、メモ欄としても利用いただけます。タイトル欄に入れた文字は、後述する一覧画面の文字検索で検索することができます。
  • 問題カードの一覧画面で、カードの色を変更し、問題の種類を区別することができます。
  • タイトル欄の文字を文字検索することができます。
  • 問題カードは、作成日順、更新日順、タイトルの文字コード順でソート表示できます。
  • ダークモードに切り替え可能です。
  • 横長の画像の場合は、縦向き表示のまま拡大縮小を使いながらご利用いただくか、画像を回転して横向き表示にしていただけば、横向きで演習することができます(編集だけは縦向きで行っていただく形になります)

 

使い方

※申し訳ございません、現在作成中です。もうしばらくお待ち下さい。

タイトルとURLをコピーしました