macOSがBig Sur 11.2.3だと、Xcode13にアップデートできない

2022/3/28 Flutter エラー・バグ日記 

Flutterそのものの話ではないが、アプリリリースに必要な対応で、やや苦労したので記録。

 

Xcode 12.5.1を使用していたが、下記の公式情報にあるとおり、2022年4月25日から、Appleへの申請にはXcode 13にする必要があると知り、アップデートすることにした。

 

 

本記事はライトな日記思考で書いているので、詳細説明はしておらず、基本、テキストのみで画像とかは載せておりません。。m(_ _)m

解説記事ではないため、解決していない内容や、その時々の間違った解釈を述べてしまっている可能性が大いにありますので、何卒、ご了承ください。

 

しかし、下記ページにある表によると、Xcode 13は、macOS Big Sur 11.3以上でないと起動できない。

 

 

しかも最新のXcode 13.3は、macOS自体も Monterey 12にアップグレードする必要がある。

 

逆に、OSをMontereyにすると、Xcode 12は動かなくなるらしい(公式情報)。既存プロジェクトがXcode 13で動かない場合に、Xcode 12でも動かせると安心なのだが。。

 

また、OSのメジャーアップデートをすると、色々と不具合が出ることも懸念される。。

 

そのため、以下で対応することにした。

 

  • macOSを、Big Surのまま、現時点で最新のバージョン11.6.5にアップデートする。
    • はじめて知ったが、Macの「ソフトウェア・アップデート」の画面で、「macOS Monterey」が表示されている状態で、「今すぐアップグレード」を押さずに、下の「詳しい情報」を押すと、Big Surのままで最新バージョンをインストールすることができる。
  • Xcodeは、Big Sur 11.3以上で動作するXcode13.2をインストールする。
    • Xcode 12を共存させるため、AppStoreからではなく、必ずこちらのApple Developerのサイトからダウンロードし、インストールする。画面を下方にスクロールすると、Xcode 13.2が出てくる。くれぐれもベータ版を選ばないよう注意
    • ファイル名は、古いXcodeを「Xcode_12」などに変更し、新しい方は「Xcode」のままで、アプリケーションフォルダに移動させる。こうすると、Android StudioからXcodeを開く際、Xcode 13の方を開くことができる。

 

この方法のデメリットは、Big Surだと、MacのTestFlightアプリをインストールできない点(Montereyしか対応していない)。

 

そのため、自分の場合は、古いMacbookをMontereyにアップグレードしたので、TestFlightはそちらにインストールした。

 

なお、通常は、こちらの公式説明

 

 

に沿って、下記コマンドでXcodeの設定をしていると思われるので、

 

sudo xcode-select --switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer
sudo xcodebuild -runFirstLaunch

 

新しいXcode 13のファイル名を「Xcode」にしておく必要がある。

 

そうしないと、Android Studioで、既存のFlutterプロジェクトを「ios」フォルダで右クリックし、「Flutter」→「Open iOS module in Xcode」からXcodeを開くと、Xcode 12が起動してしまう。

 

対応の結果、Android StudioからXcode 13を開けるようになり、「Bundle Identifier」や「Team」などの情報も引き継がれていたので安心した。

 

以下の情報を参考させていただきましたm(_ _)m。

 

 

 

\ Flutterの学習で役立ったコンテンツ・書籍 /

 

 

 


Dart入門 – Dartの要点をつかむためのクイックツアー
タイトルとURLをコピーしました