‘Pods_Runner.framework’ is missing one or more architectures required by this target: armv7 のエラー

2022/5/28 Flutter エラー・バグ日記 

App Store Connectにアップロードするために「Runner.app」を作ろうとしたら発生。

 

振り返ると、過去何度も遭遇していたので、忘れないように記録。

 

本記事はライトな日記思考で書いているので、詳細説明はしておらず、基本、テキストのみで画像とかは載せておりません。。m(_ _)m

解説記事ではないため、解決していない内容や、その時々の間違った解釈を述べてしまっている可能性が大いにありますので、何卒、ご了承ください。

 

App Store Connectへのアップロードファイルをつくるには、ターミナルから

 

flutter build ios --release

 

を実行して、「Runner.app」を作り、次に、Xcodeで、

 

「Product」→「Archive」

 

で「Archive」を作る必要があるが(※後述)、上記コマンドを打った時点で、以下のエラーが発生。

  

Target Integrity (Xcode): The linked framework ‘Pods_Runner.framework’ is missing one or more architectures required by this target: armv7.
/Users/#######/xxxxプロジェクト名xxxx/ios/Runner.xcodeproj
Encountered error while building for device.

 

「’Pods_Runner.framework’」に必要な「armv7」が無いぞ、ということらしい。

 

ちなみに、自分のXcodeで、「Runner」→「Build Settings」→「All」タブを開いて確認すると、「Architectures」セクションの「Architectures」には、「Standard Architectures (arms64, armv7)」が、「Excluded Architectures」には、「Debug」、「Profile」、「Release」のいずれにも「arm64」が設定されていた。

 

自分の過去のエラー対応記録を確認すると、既に何度も同じエラーに遭遇しており、

 

ターミナルで「flutter clean」

→「pubspec.yaml」ファイルの右上の「pub get」ボタン ※Android Studioの場合

→ターミナルでiosフォルダに移動して「pod install」

 

で解決していたので、今回もやってみると、やはりエラーは解消した。

 

ただ、毎回この対処法で合っているのか、気になったので、ネットで調べてみると、下記サイトでは、「flutter clean」もしくはFlutterのバージョンアップで解決した、と書かれていた(M1 Macの場合は別の対処法も書かれているようだが、、)。

 

 

なので、原理はよくわからないが、基本的には今までの対応で、間違ってはいない模様。

 

(※)ちなみに、現在のFlutterの公式サイトでは、上記「flutter build ios」のコマンドの説明が無くなっており、以下のコマンドを使用するようになっている。 

 

flutter build ipa --export-options-plist=path/to/ExportOptions.plist.

 

上記コマンドを使えば、「Runner.app」作成 → 「Archive」作成 という2段階を経ず、一発で「Archive」まで作成できるらしい。

 

こちらの記事に教えていただいた。

 

 

旧来の2段階方式でも問題なく実行できたので、どちらの方法でもよさそうだが、確かに新しい方法の方が便利そうなので、次回アップロード時は試してみよう。

 

\ Flutterの学習で役立ったコンテンツ・書籍 /

 

 

 


Dart入門 – Dartの要点をつかむためのクイックツアー
タイトルとURLをコピーしました