AdMobのApp Storeのリンク設定で、自分のアプリが見つからない 〜「App Store Marketing Tools」のリンクで解決

2022/6/2 Flutter エラー・バグ日記 

先日、3つ目のアプリをAndroidとiOSでリリースしたが、この状況にハマり、やや変わった方法で解決したので備忘(正しい方法か否かは不明、、m(_ _)m)。

 

本記事はライトな日記思考で書いているので、詳細説明はしておらず、基本、テキストのみで画像とかは載せておりません。。m(_ _)m

解説記事ではないため、解決していない内容や、その時々の間違った解釈を述べてしまっている可能性が大いにありますので、何卒、ご了承ください。

 

AdMobの広告を導入しているので、リリースしたら、AdMobに審査してもらうべく、管理画面でストアページヘのリンクを設定する必要がある。

 

Android(Google Play)は、管理画面内でGoogle Play掲載ページのURLを入れると、自分のアプリが表示され、すぐ設定できたが、iOS(Apple Store)の方は、いくら検索しても自分のアプリが出てこない。。。

 

アプリ名、開発者名、ストアURL、アプリの「Apple ID」で検索できるのだが、いずれでやっても出ない。

 

既に、App Storeには掲載されていることを確認済。

 

また、開発者名で検索すると、過去にリリースした2つのアプリは表示されるが、直近のアプリが出てこない。

 

調べたところ、こちらの記事などを拝見し、多くの解説情報があることを知った。

 

紹介されている主な対応は、

 

数週間程度待ち、それでも反映されない場合は、「Google Mobile Ads SDK Developers」のメーリングリストで問い合わせ

 

というもの。

 

そのため、自分も諦めてしばらく待つことにした。

 

しかし、たまたまWebページに貼るためのストアリンクのボタン(バッヂ)を作ろうと、「App Store Marketing Tools」(恐らく以前は「iTunes Link Maker」と呼ばれていたもの)で、リンクボタンのURLを発行したとき、通常のAppStoreのページのURLとは若干違うことに気づいた。

 

「App Store Marketing Tools」内のURL発行ページ

 

上記ページの「Content Link」から取得したURLは以下のとおり。

 

 https://apps.apple.com/jp/app/%E8%B6%85%E5%8D%B3todo/id1626598311?itsct=apps_box_link&itscg=30200

 

これに対し、通常のAppStoreのページから取得するURL(ブラウザのURL欄などから取得したもの)は、

 

 https://apps.apple.com/jp/app/%E8%B6%85%E5%8D%B3todo/id1626598311

 

となっていた。

 

前者(「App Store Marketing Tools」から取得したURL)には、id番号から後ろに以下の記述があるが、後者(AppStoreのページから取得したURL)にはない。

 

 ?itsct=apps_box_link&itscg=30200

 

これまでは、短いURLでしか試していなかったので、長いURLの方で検索してみたところ、AdMobの管理画面で、すんなりアプリが見つかった(驚き)。

  

このURLを入力する直前に、アプリ名、ストアURL(短い方)、Apple IDで検索しても表示されず、開発者名で検索したら、過去にリリースした2つのアプリしか表示されないことを確認していた。

 

そのため、たまたま直前に、AdMobの方で検索可能な状態に変わっていた、という可能性は低いと思われる。

 

結果、自分は、AppStoreリリースから2日程度でAdMobとの紐付け設定を完了できた。

 

対処法をまとめると、

 

AdMobで、AppStoreとの紐付けを早くやりたい場合は、「App Store Marketing Tools」から取得したリンクを入力する

 

ということになるが、この方法のロジックが今ひとつ分からないため、再現性があるか否かは、確証を持てず、、、m(_ _)m。(一度、登録できてしまうと、新規の登録アプリがない限り、試すことができないこともあり。。)

 

ちなみに、こちらの情報を拝見すると、AppStoreのURLには色々な種類がある模様。id番号から後ろについている部分(「?・・・=30200」)についても解説されている。

 

とても雑な理解をしてしまうと、URLが長いほど検索精度が高いから見つかった、ということだろうか。。

 

いずれにしても、あくまでご参考レベルだが、次のアプリをAdMobに登録する際は、最初に試してみよう。

 

\ Flutterの学習で役立ったコンテンツ・書籍 /

 

 

 


Dart入門 – Dartの要点をつかむためのクイックツアー
タイトルとURLをコピーしました