Flutter学習:Android StudioでF4キーが効かなくなったときの対処法

Flutter

自分のような

  • プログラミング初心者で
  • Flutterに挑戦し始めた方

に向けてのご参考メモです。

 

Android StudioでFlutterのプログラミング言語(Dart)を書く際、メソッド(関数)やクラスの単語上で「F4キー」を押すと、

 

そのメソッド(関数)やクラスが定義されている場所に飛んでくれる

 

という便利な機能があります。

 

ただ、たまにその機能が不能になってしまう時があるので、その対処法を書きました。

 

結論を先に言うと、

 

Android Studioを再起動する

 

です。対処法というほどではないですね。。

 

【注】その後、「Dart Analysis」タブの「Restart Dart Analysis Server」を実行する、という方法でもっと簡単に対処できることが分かりました。

 

下記記事もご参考にしていただければと思います。

 

Flutterは、Microsoftの「Visual Studio Code」というツールでも書けるのですが、Visual Studio Codeでの挙動は分からないです、スミマセン。。

 


40代からプログラミング(Flutter)を始めて、GooglePlayAppStoreに初アプリを公開したhalzo appdevです。

 

作成したアプリはこちら↓

シンプルメモ帳「BasicMemo」 – 文字数カウント、ワンタッチ入力、タグ管理等の便利機能を搭載

Google Play で手に入れよう
Download on the App Store

 

スポンサーリンク

F4キーでできること

Android StudioでDartを書いている時は、他のプログラミングエディタと同様に、こんな感じで、各単語の意味(命令)の種類に応じてカラフルに色分けがされています。

単語の色分けがされている状態

 

まだ自分の理解が浅いので、正直、色の違いの基準はよく分からないです。。。

 

なんとなく、薄いオレンジの単語がクラス(=ざっくり言うと、複数のメソッド(関数)を集めて一機能にしたもの)を現しているのかな?と思いますが、青の単語にもクラスがあったりするので、よく分かりません。。

 

ただ、とにかく単語に色がついている、と言うことは、Android Studioの方で、それぞれの単語の意味を区分けして、理解してくれているのは確かです。

 

ここで、例えば、「print」というメソッド(関数)の上でF4キーを押すと、

F4キーを押す

 

このように、「print」メソッドが定義されているページに飛んでくれます。

F4で関数の定義箇所を自動表示

 

FlutterのDartでは、Googleがあらかじめ様々なメソッド(関数)やクラスを用意してくれているため、それらを便利に使わせていただくことになりますが、その用意されているメソッド(関数)やクラスが、

 

具体的にどんな内容で定義されているのか?

 

を確認したいときに便利です。

 

また、自分でメソッド(関数)やクラスを作ったとき(定義したとき)にも、

 

あれ?どこに書いたっけな〜

 

とか

 

あのファイルに書いたけど、自分で開いて確認するの面倒だな〜

 

とか思った時にも、F4キー1発で飛べるので、大変便利な機能です。

 

F4キーが効かなくなった時に生じる現象

理由は分からないのですが、このF4キーが突然効かなくなってしまうことがあります。

 

自分はそんなにスペックの高くないMacBookを使っているので、メモリーオーバーのせいでしょうかね。。。

 

F4キーが効かなくなってしまった時、画面がこんな感じになります。

F4キーが効かない状態

 

そうなんです、、単語の色分けが一切されず、全て青文字になってしまうんですw

 

こうなると、どの単語の上でF4キーを押しても、どこにも飛んでくれません。。

 

初めてこの状態になったときは、

 

何か大事なファイルやコードを勝手に消してしまったのでは!

 

と、すごいアセりました。。

 

対処法はAndroid Studioの再起動

しばらくググって調べたのですが、同じ現象を報告する情報は見つからず。。。

 

そこで結局、

 

アセッたときは、まず再起動!

 

という長年のPCユーザーなら誰もが叩き込まれてきた大原則に頼ることにしました。

 

まずはMac自体を再起動する前に、一度Android Studioを再起動して、編集中だったプロジェクト(プログラミングの編集画面)を再度開いてみることにしました。

 

すると、立ち上げた瞬間は、相変わらず全単語が青文字の状態のままだったのですが、しばらく待つとパッとカラフルな色分けに戻ってくれました!

単語の色分けが復活!

 

単語の上でF4キーを押しても、ちゃんとその定義されている所に飛んでくれます。

 

いやはや、めでたしめでたし(汗)。

 

それ以降は、同じ現象が起こってもアセらず対処できています。

 

初心者はこういったツールの使い方ひとつで悩むんですよね。。

 

【注】前述のとおり、その後、「Dart Analysis」タブの「Restart Dart Analysis Server」を実行する、という方法でもっと簡単に対処できることが分かりました。

 

これはAndroid Studioを起動するとき、最初に必ず「Restart Dart Analysis Server」が起動されるので、再起動でも解決できたのだと思います。

 

以上、もし同じ問題にぶつかった方のご参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました